クイズ番組トリビュート2006miniについてお話しよう~。

一昨日の私が初めて行ったリアル企画の裏話やらを
つらつらとお話していきます。


一昨日の例会、参加者が26人(だったかな?)と、
過去最大級の参加人数でございまして、
そんな中でこんな企画初心者のわたくしが企画をする事になりました。

前に18人参加でヘキサゴンペア戦を仕切ったことはございますが、
その時は先生の送別会で、皆勝手知ったる仲なんで、
安心して仕切れたし、
この前のコサ王(6月11日の日記参照)も、
企画というか、趣味だったんであんまり気負いしなかったんですね(笑)
それが、あなた、初企画で25人相手ですよ(笑)
しかも、みなさんクイズには慣れてらっしゃる。
もう、どうしていいもんか悩みますよ(笑)
悩んだ結果、「私の地を出していこう」と言うことで、
あんな企画になりました(笑)

企画をやっていく上で、
今回の企画の原案者であるじゃすみい店長に監修してもらったり、
ティーエさんのブログをのぞいたり(笑)
こちらのサイトのぱんださんに、
JAVAをお借りしたり、
ディテールに凝る為、色々と印刷したり、
パワーポイント作ったり、ダイソーであんなもの買ったり(笑)

と、迎えた企画本番。
まずは、参加者のみなさんに4人1チームに分かれて頂き、
映像クイズゾーン。

【映像その1:ロンQハイランド・3文字ミニクロス】
どんなクイズかは、公式サイトをご覧ください(笑)
チームで1人ずつ回答。わかった時点で押してボードに回答。
1問正解で1着20P、2着以下10P。
不正解は1着のみ-10P。
本家同様後の人ほどプレッシャーが増すように、
4人連続クリアで、ボーナス30P。2セット出題。

これは、頭が柔らかい、愛好会のみなさんには簡単でしたね。
クリア率結構高かったです。
濁音の文字が入ると難易度UPと言うのを覚えました(笑)
司会者緊張のため、リセットボタンの押し忘れが多々ありましたことをお詫びします_| ̄|○


【映像その2:笑いの金メダル・ひらがな絵巻】
これも詳しくは公式サイト参照(笑)
他のルールも前と同じですが、
不正解を1着-20P、2着以下-10Pに強化。
押さないという選択肢も出来ました。

ここは、読めるか読めないかで実力がはっきり分かれました。
第1セット数式問題、第2セット文章問題としたんですが、
次やるときはどっちも文章問題にします(゜▽、゜)
司会者緊張のため、リセットボタンの押し忘れ(ry _| ̄|○


【映像その3:ヒントでピント・テクニカル】
これは、ぱんださんのサイトの奴を落としてみてください(笑)
100、50、40、30、20、10、5と時間がたつにつれて変化。回答権はチームに1回。正解すると、その時の得点獲得。

これは、ぱんださん作成のJAVA効果抜群!
みなさんに高評価をいただきました。
ただ、得点の下がり方が早かったかな?
得点させる気が無いことでおなじみのコサックさんの、
根っからのものがここで出てしまいました。
とりあえず、ネタで入れた、
YESNO枕に笑っていただけてよかったです(笑)


【映像その4:くりぃむナントカ・ビンカン選手権】
いわゆるおかしなところ探し。
ビンカン度が上がるごとに、
1,10,30,50,80,100とポイントがアップします。
回答権はチームに1回。まちがえるとマイナス10P。

さぁ、これは、コサックさんが今回一番力を入れたといって良いコーナーです(笑)
しかし、問題に不備があり、
司会者の想定外の「ビンカンポイント」を自分で作ってたり、
私自身が有田さんになりきれなかったのが悔やまれます(笑)
まぁ、100Pが取らせる気が無かったというところだけ、
本家を意識してました(笑)あと、1Pも(笑)
次やるときは、もうちょっと凝ります(笑)


さぁ、ここで映像クイズゾーンが終了。
休憩を挟んだ後、早押しクイズゾーンへ。

今回の早押しゾーンのテーマは、
「クイズ慣れしてる人たちも押すことに緊張感を」
でした(笑)

【早押しその1:アップダウンクイズハイパー】
本家、じゃすみいのクイズ番組トリビュートで行われていた、
『アップダウンクイズneo』のちょっとアレンジバージョン。
neoの時は、早押し機で順位判定できたんですが、
こちらのクイズで使う早押し機は、NO.1かAllしか出来ないので、
1着の人から反時計回りに回答をうかがうという方式に。
ただし、2着以降はパスあり。
1着正解2段UP。2着以降は1段UP。
不正解は1着にも2着以下でもフリーフォール+バツ1つ。
そして、1着不正解でバツが2個以上になると、
そのとき持っているバツの数×20P減点に。
1段ごとに10P。10段達成でボーナス50P。
さらに、問題数が余っていれば、150Pを持って、
0段目からやり直せる。
(この場合、フリーフォールしても150Pはキープ)
問題数は16問。チームで1人ずつ1問交代で行う。
そして、4問ごとにテーマあり。
テーマは順番に「愚問」「アタック25」「新」「二」。

問い読み初挑戦だったため、不慣れな感じ連発でございました。
ごめんなさい_| ̄|○
ホントは「愚問」ピリオドは、難易度をもっと上げて、
最後の4問にしようと思ったんですが、
初めて愚問に触れる方が、愚問がトラウマになってはいけないので、
初心者レベルで、最初に回しました(笑)
個人的には、最終問題でフリーフォールが2組出たので丸儲け(笑)


【早押しその2:内村プロデュース・回答者不信クイズロワイヤル】
普通に早押しクイズ。
正解すれば、正解数に応じて、
1問正解20P、2問正解で40P、3問で80Pと、
倍々ゲームで増えていく。不正解はお咎めなし(?)
ただし。クイズを行ううえで、
あらかじめ言ったりやったりしてはいけないNG行動が、
3~5個用意されており、
それをしてしまうと、それまでのこのコーナーの獲得得点没収。
そして、マイナス50Pとなる。
個人戦で、10問×2セット。ラスト12問が最終セット。
第1セット:3つ 第2セット:4つ 第3セット:5つ
NG行動が出たときは、その問題が終わった後発表する。

個人的に一番やりたかった企画です(笑)
でもねぇ、やっぱりこれはおでこにNG行動を付けるべきだったね(笑)
これ自体は面白かったんですが、司会者の想像以上にNGが出ませんでした。
最終的に1000P超えるとは思いもしませんでした(笑)


全体的にみなさんには意外と好評だったようでよかったです。
私自身面白かったのでまたやりたいですな(笑)
終わった後すぐに、こんなことしたいなぁと言う構想も浮かびました。
まぁ、やるのは2007年になった頃です(笑)



そういえば、店長も10月ごろ本家クイズトリビュートやるって言ってたなぁ。
日にちとお金さえあれば参加したいなぁ(笑)
[PR]

  by kosacom | 2006-06-20 15:31 | クイズ(参戦記)

<< きょうのほうこく。 クイズ愛好会終了~。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE